一人暮らしの地元商店街活用術

Bさんはある地方都市の駅の周辺に住んでいる平凡なサラリーマンでした。Bさんは人生に絶望していました。仕事につまづき、恋愛もうまくいかなくなり、自暴自棄になっていました。いっそ死んでやろうかと思ったのですが、自ら命を絶つような勇気もなく、ただ無意味に日々を過ごしていました。そんな時、なんとなく通りかかった商店街で、お店の人に声をかけられました。

駅前にある商店街は、今まであまり利用していなかったBさんでしたが、絶望感といいようのない孤独感にさいなまされ、押しつぶされそうになっていたBさんは、ついつい人の多そうな場所へと足を運んだのでした。そんな時、なんとなく声を代えてくれた商店街の人の何気ない一言に大いに感動してしまったのです。よく考えれば、今までコンビニや郊外のスーパーばかりで、商店街はあまり利用して今せんでしたが、よく見れば魅力的なお店も多く、活気に溢れています。それが、いいことが続かず、絶望していたBさんにとっては新鮮に見え、明日からの生きる活力のようなものをもらったような気がしました。そこでBさんは、近くにあって今まで気づかなかった商店街の魅力を探ってみようと思ったのでした。